40代肌の悩み|黄色のくすみ?あちゃ−そんなに怖い!?「糖化とカルボニル化」

40代の肌の悩み「最近、肌が黄色くなってない…?」

きいろ…

きいろ?

どーも、びなっちです。

それは、「黄ぐすみ」って、「やつ」かもしれません。

ちょっと、面倒ですなぁ

ある原因が、肌の面倒なトラブルを起こして黄色に変色させているのです。

糖化

カルボニル化

はぁ?

糖化なら分かる気がしますが、「カルボニル化」とは?

 

 

40代の肌|「糖化」と「カルボニル化」とは?

原因は、「糖化」と資生堂の研究チームが解明した「カルボニル化」です。

 

どちらも、真皮にあるコラーゲンなどの体内タンパク質と結合して変性です。

 

■ 「糖化」は、によって変性します。

例えば、ケーキなどを焼くと、卵のタンパク質と砂糖との反応から起こる一種の糖化だそうです。

糖化したタンパク質は硬くなります。40代の肌でも、それに近い現象から肌がゴワゴワし、弾力を失うとシワの原因にもなってしまいます。

 

■ 「カルボニル化」は、脂質によって変性します。

脂質が、アルデヒドの有機化合物によって真皮のタンパク質を変性。

黄色の肌の正体は、この「カルボニル化」によって起こるということだそうです。

詳細はコチラ ➡ 資生堂、肌の「黄ぐすみ」の新メカニズムを解明

 

 

タンパク質変性の原因

031

共通の原因

紫外線やストレスなどによる「活性酸素」

 

それぞれの原因

糖化の原因 甘いものを過剰に食べる人、多量の飲酒、どか食いをしている人など

カルボニル化の原因 タバコ、大気汚染など

 

 

 

「糖化」は、悪影響がたくさんある

465636

私たちの身体の中にタンパク質が、いたるところに存在します。その身体のどこかで糖化すること、それが、さまざまな病気の引き金になっているようです。

 

 

糖化が引き金になる病気

動脈硬化、骨粗しょう症、白内障、アルツハイマー病、糖尿病など

 

また、肌においては、真皮のコラーゲンなどが、長年にわたりじわじわと体温で加熱され糖化し、さらには紫外線などの影響もあって、弾力性を失いシワやたるみの原因となっています。

 

 

 

「糖化」対策

02

  • 食べ過ぎに注意
  • ストレス解消
  • 紫外線
  • 喫煙

◎食事について人には、糖の働きは必要不可欠なところもあり、「過剰に取りすぎる」のを注意すべきだと言われています。

◎紫外線対策は、環境省からマニュアルもだされています。

それは、環境汚染によるオゾン層破壊によって紫外線量に増えていることにあります。

◎その他、生活をする上で、健康面に影響を与えることは、肌トラブルの原因ともなりますから、対策することが必要ですね。

 

 

40代の肌「黄ぐすみ」対策

すでに、黄色にくすんだ肌の悩みは、どうすれば良いのでしょうか?

 

資生堂の研究チームによると、糖化ではなくカルボニル化のタンパク質変性によって「黄ぐすみ」となり、年代別に見たところ、40代以降に多くなることが明らかにされています。

 

この「黄ぐすみ」へのアプローチに「オリーブ派エキス」が有効であろうと、研究が進んでいます。

 

でも今のこの悩みには?

「カルボニル化」肌に、4つの予防対策

 

No.2
皮脂対策

▼皮脂は取りすぎないことが大切!肌のターンオーバについて書いてる記事

 ➡40代肌はターンオーバーが遅くなる|早めるの良くないし、やるべき方法はコレ!

 

No.3
抗酸化対策

▼抗酸化作用のある注目成分「フラーレン」の記事

 ➡[レビュー]フラーレン美容液口コミ|顔のシミ・シワにほんとに効果あるの?

 

No.4
見た目対策

▼「黄ぐすみ」オフ! BBクリーム発見!!

 ➡ アナヤスBBクリーム口コミ[画像有]ココまで!?シミ・くすみ隠しになってる?

ayayasu-6

ほんと、スゴイでしょ(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?

 

エイジングケアについて勉強中、その中で今回のテーマ「糖化」というキーワードがありました。

 

「どんな敵なのか?」と調べていると、「糖化は、悪者か?」というよりは、現代社会の行き過ぎが元凶にあるように思ったのです。

 

ただもう、今は、糖化に対する対策を講じなければ、嫌なことばかり起こりえます。

 

とくに、40代の悩み、「黄色にくすみ肌」は、キレイ見えません!

悩みが多くなればなるほど、調べることも多くなりエイジングケアに余念なく頑張りたいですね^^

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です