PROFILE|書いている人の詳細

女性がワクワクすることを研究しているビナッチ(慶野直子)です。

 

  • 簡単な経歴
  • どんな人生だったのかな?
  • ”ビナッチ講座”とは、どんなメディアとは?
  • これから目指したいこと

 

こんなことを語っていきます。少々、長いですが、お付き合いくださいませ。

 

簡単な経歴

◆ 40代(言いたくない年齢にw)、O型

◆ 夫・娘・ワンコと暮らしています

◆ 東京生まれ、東京育ち。

  • 目立ちたくない暗い性格。小学校4年生のときイジメにあう
  • 中学2年生で転機。転校生とクラスの中心人物になる
  • 就活はしなかったものの、少し名の知れた会社へ入社
  • 27歳で結婚。専業主婦になる。
  • 29歳 前の会社知り合いがベンチャー企業を立ち上げ、そこに就職
  • 31歳 事務職→営業職へ異動。会社も大きくなり、一緒に昇格していく
  • 40代 子供を出産。キャリアを諦め退職。ネイルサロンのオーナーになる。
  • 1年後、ネイルサロンを廃業。アフィリエイトからブログと出会い現在に。

 

人生長いので、かなり端折ってますが、こんな感じです。

 

どんな人生だったのかな?

美容について詳しくなりたい!「コスメコンシェルジュ 」の資格取得も、ここが原点なのです。

そばかすに執着

そばかす 紫外線

ソバカスが嫌いで嫌いで、仕方ありませんでした。

 

人と会話しているとき

「(ソバカスを見てる!)」

人の目線ばかり気になっていた頃でした。

 

学校を卒業し会社に入社間も無く、21歳で高額エステチケットを購入しました。

 

そのとき、忘れもしません。

 

エステティシャンからのお言葉

お客様の場合、顔の半分にソバカスがあるため、すべてをキレイにすることは難しいですが、薄くなりますから。

薄くなれば、ファンデーションで隠せます(^^)ニコ

それでも、数十万円の契約書に署名し押印したのです。

 

それくらい、ソバカスが嫌いでした。

もちろん、ソバカスは消えるわけもなく、薄くなったとも感じません。

 

このお金は、ドブに捨てたわけです。

 

40代で出産!美容の取組みにも変化?

キレイ

保育園では20代のママはもちろんですが、30代が多く、中には40代もいます。

「私だけじゃないんだ・・・」と晩婚化、高齢出産を実感するのです。

 

いや、それでも20代のママの肌ツヤには負けを認めざるおえません。

 

「え?ママなの?おばあちゃんじゃないんだね!」

娘のお友達から容赦なき子供達の意見をかわすためにも美容に力を入れないわけにはいきません。

 

それもあり、少しでも見た目年齢を下げる努力をしています。

 

なぜ、高齢出産なのか?

「仕事」これに尽きます。

会社員だったころ、仕事が大好きだったんです。

 

学校卒業して、就職した先の職種は、事務職

 

結婚退職して、色々ありまして、再就職先がベンチャーでした。

 

事務職で採用されたものの。

 

あるとき、「新規ビジネスだから、異動ね」

 

そして、営業職に転身

 

ここから、わたしの仕事に対する姿勢が、変わったのだと思います。

 

新規事業だったので、わたしが新人であっても、

なんか、どんどん会社とともに成長していった感じでした。

 

気がつけば、ちょっとした偉いポジションに、そう「部長」になったのです。

 

とはいえ、血のにじむような努力もました。

それが、スポンジに水を吸収させる感じで、どんどん、営業職の面白さに引き込まれたのです。

 

その時に、身につけたのが、「口から出まかせ、だけど、それを実現させる」

 

蕎麦屋の出前の話、ご存知ですか?

 

「まだ、ですか?」

「今、出ましたー」

 

でも、まだ蕎麦を茹でている。

 

優秀な営業マンであれば、あるほど、「噓から出たまこと」

現実にしてしまう、その能力に圧倒されてました。

 

当然、「できる可能性がある」というのが、”優秀”とされる営業マンなのでしょうけど。

 

これを肌で感じ、覚えられたことは、わたしの人生に大きな自信をもたらしてくれたのです。

 

そして・・・

 

”ビナッチ講座”とは、どんなメディアとは?

”ビナッチ講座”とは、女性がワクワクすることを研究し、それをお伝えするメディアなのです。

 

突然ですが、あなたは、今の自分が好きですか?

 

・「また、夕飯の支度・・・」毎日が育児と家事の繰り返し、楽しいことをしていない、楽しいと思えない

・「わたしには、なんの資格もない」自分で自分のことを否定しまう

・「あの人、キラキラしてていいな・・・」自分と他人を比べている

・「今は、子育てしてるから・・・」やりたいことを我慢してしまう

・「子供に栄養あるもの食べさせなくちゃ!病気になったら困るし・・・」ストイックに自分を追い込む

 

これ、私も、持っていた感情でした。

 

子供だけの人生が嫌だ!

でも、仕事をするには子育てとの両立が難しい・・・

 

間違えていたのは、企業=仕事、「いやいや、仕事のジャンルはたくさんあるでしょ!?」そう思えたのもネイルサロンの経営を失敗したからこそ。

 

オルゴナイトの講師を始めたとき「それが仕事!?」という人もいたけれど、教えて授業料を払ってくれる生徒さんが入れば、立派な仕事なのです。

 

「今更、営業職は無理!」であっても「オルゴナイトを教えることならできるかも・・・」とハードルを低く、楽しいことで人生を豊かにできればいいなぁ・・・と考えています。

 

これから目指したいこと

ネイリストの人たちにオーナーとして成功するために、失敗した体験談から伝えたい・・・

・気軽に参加できるトークショーをしよう!

 

 

オルゴナイトを教えるだけでは、ワクワク感が足りない・・・

・協会を立ち上げ、バックアップしたい!

 

◆ オルゴナイト教室の詳細はコチラ

オルゴナイトワークショップをチラッと見る

 

他にも・・・私のできること

・生徒さんからの要望で「ブログを習いたい」を実現していこう!

 

お金だけが人生じゃないけど、「どのくらい稼げるか?」ワクワク度がアップさせるために、お金のことにも触れていきたいと思います!