BBクリームとCC クリームの違いは?40代のお肌に使いわけをお伝えします!

もう20年近くメイクアップ(お化粧)をしていたと思っていたのに・・・

 

40代になって、肌の負担にならないメイクアップコスメが、もっと気になるようになりました。

 

こんにちは、コスメコンシェルジュ (コスメ専門家)のビナッチ(@beauty_nachi)です。

 

明らかに、午後の肌は乾燥を感じないではいられないほどです。

 

 

BBクリームは保湿成分が配合されることで水分保持や赤みを隠すためのカバー力によるもの

40代の肌をキレイに見せるのには、打って付けなのがBBクリームと考えてました。

 

ただ、くすみもひどく気になり始めます。

光反射するCCクリームも、実は、40代が手に入れたいメイクアップなのかもしれません。

 

 

BBクリームとCCクリームを徹底的に調査しました!

 

 

BBクリームとCCクリームの違い

BBクリームとCCクリームの違いは、性質の違いなど説明します!

 

BBクリーム CCクリーム
正式名称 ブレミッシュ(傷んだ肌を)バルム(修復する)
  • カラーコントロールクリーム(色を調整するクリーム)
  • コンプリートコレクションクリーム(完全な補正クリーム)
  • コンビネーションクリーム(組み合わせクリーム)

各社メーカーの特徴により3つに分かれます

ポイント ピーリング後の肌の赤みを抑えて赤みをカバーする保護クリームとして開 肌の色味を整えることで、つやがでて、透明感のあるキレイな肌にみせる
特徴 抗炎症効果のある「甘草エキス」や

やけどの修復効果がある「アラントイン」、保湿効果がある「シア脂」が入っている。

※最近では、保湿効果に違う成分が配合されることも多くなった

「肌の色を補正する」これを、光の屈折を利用して人の目を錯覚させるのです。

光で艶やかに透明感の肌が作る

※レフ板の役割

タイプ リキッドよりクリームタイプが多いため、シミやソバカスなどを「隠す」コンシーラーに近いカバー力 光の屈折によってシミやくすみを「飛ばす」効果
仕上がり  コンシーラーよりナチュラルに厚塗りにならないというメリットはあるものの、反対に「シミを完全にカバーできない」というデメリットも BBクリームと比べると軽い仕上がりになります。

美容液などの成分が含まれていないことが多く、ファンデーション使いに近い

 

 

ファンデーションはいらない!?使い方とは?

基本的に、BBクリームやCCクリームは、時短・簡単なメイクアップコスメ(化粧品)です。

 

スキンケアの後に、化粧下地は不要です。

 

さらに、BBクリームやCCクリームの後のファンデーションやコンシーラーも基本は不要です。

 

それぞれの使い方

BBクリームのファンデーションの役割でシミやくすみが直接隠せる「コンシーラー」に近く、テクスチャーが重い、マットな仕上がり

 

CCクリームは、仕上がり感が軽く伸びやすい。

レフ版効果から目の錯覚でシミやくすみを飛ばすことで薄づきになる「ナチュラルメイク」として人気があります。

 

 

CCクリームはよれる?

時間がたつにつれて「皮脂」が分泌されます。

 

皮脂が、CCクリームと混ざり、その固まりがよれる原因にもなります。

 

気をつけたい肌のコンディション

健康なお肌でも、皮脂が酸素と結び付くと「過酸化脂質」に変化し毛穴の黒ずみや汚れ、ニキビ(吹き出物)の原因になります。

 

お肌の健康を維持するための「正しい洗顔」が、ポイントです。

〔洗顔〕

「CCクリームがよれてる!?」と感じたら、お肌のコンディションを整えてあげましょうね。

 

BBクリームと重ね塗り

「お肌が乾燥しているな・・・」と感じているのなら、保湿保護の効果があるBBクリームを塗るのもオススメ。

 

BBクリームを重ね塗りしても、厚くなりません。

 

 

コスメ研究家のオススメは?

BBクリームのオススメは、こちらのランキングをどうぞ

BBクリーム徹底比較!コスメ専門家のオススメランキング

 

 

CCクリームのオススメは、こちらのランキングをどうぞ

コスメ研究家がオススメしたい!CCクリームランキング

 

ランキングでも紹介してますが・・・BBとCCが合体!?

スクリーンショット 2016-08-12 9.35.13

 

コスメ研究家のアンテナに送られてきたのは?

 

「もっと手軽さを実現したい」という考え方です。

BBクリームとCCクリームを一緒にしたら?

 

「ラウディ BB&CCクリーム」の実現性

長所 短所
BBクリーム ・カバー力が高い!

・持続力がある!

・UV対策が出来る!

・厚塗り感が出る

・乾燥が気になる(=インナードライによるテカリ)

・肌に合う色味がない

CCクリーム ・自然な仕上がり!

・みずみずしい!

・伸びが良く、肌なじみが良い!

・カバー力がイマイチ

・持続しない

・結局重ね塗りが必要

 

それぞれの長所と短所からこの一本7役!

BBクリームのカバー力とCCクリームの薄づき感。

  1. クリーム
  2. 美容液
  3. 乳液
  4. コンシーラー
  5. ファンデーション
  6. メイク下地
  7. 日焼け止め(SPF35・PA+++) 

 

2つのクリームのいいところを1本で実現できる『ラウディ BB&CCクリーム 』です。

やはり、テクスチャが気になりますよね。伸びがいいのは絶対条件です!

詳しくはこちら

 

まとめ

いかがでしたか?

40代のお肌は、敏感で乾燥を感じやすくなります。

 

そして、朝は、手軽にお化粧を済ませたい。

そんな想いから、BBクリームかCCクリームか、どっちを使えばいいのか疑問に思ったのです。

 

私は、BBクリーム+CCクリームを使うようになったわけですが^^

 

それぞれのメリットとデメリットを知ると、メイクアップに何を使うか見えてくるかもしれません。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

では、では。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です