ダイエット−6kg本気で痩せたい|それで終わり?リバウンドしない方法とは?

食べてないのに太るのはなぜーーー?

 

ダイエット-6kg 本気で痩せたいのぉ!

 

どーも、びなっちです。

 

 

−6kg痩せようと思うと、「食べない」「減量」するのが近道ですよね。

 

ダイエットに成功した後、どうしますか?

 

リバウンドしない方法とは、一生、食べ続けない?

 

メディカルダイエット「渋谷DSクリニック」に行ったことで、痩せる体質を作るためにも「食べる勇気」を持とうということを知りました。

 

でも、「食べれば太る」怖いですよね。

 

だからメディカルダイエットで二人三脚であれば、なんとなくの不安から解消されると思います。

 

▼ 渋谷DSクリニック口コミ記事は、こちら

▼ 渋谷DSクリニック管理栄養士さんとのお話記事は、こちら

 

今回は、ダイエットしてリバウンドしない方法も考えられた、もっと深〜い「食べて痩せる論」を管理栄養士さんと話をしました!

 

「食べて痩せる」ホンマかいな!(←何故か大阪弁)

 

そう、思っているあなたへ、本気で痩せたいからこそ、お伝えします。

 

 

女性にありがち「からだが冷えやすい|冷え性」

栄養管理指導を受けるまえに、まずは、現在の食事チェック!

3日間の食事の記録を取りました。

 

その管理栄養士さん指導の結果は?

3日間の食事記録から摂取カロリーを計算していただきました。

 

 

管理栄養士さんからの指摘
管理栄養士さん
 

カロリーは低くかったり、高かったりとダイエット向きの食事ではありませんでした。

また、『体が冷えやすい』食事の内容ですね。脂肪、炭水化物が多くて、野菜、タンパク質が少ないのです。

これでは、脂肪燃焼がしにくいです。

 

びなっち先生
 

指摘の通り、冷え性です。

手足が冷たくなりやすいし、お尻や太ももがひんやりというより、冷たいです!

 

そう、今までの食生活は、この3日間の食事記録と同じで、平日に昼抜きも多く…

これは、わたしが目標とする「1日1200kcal摂取」より摂取カロリーが少ない日もあるのに、痩せてないし、逆に太っているという事実!?

 

どうやら、 わたしの食事内容から、「からだの飢餓状態」を作っていたようです。

 

管理栄養士さん
 

『飢餓状態』では生命維持装置がはたらき、栄養分を溜め込もうします。

だから、体重は一向に減らない「悪循環」になってしまうのです。

 

なんと、もっと最悪だった

ミネラルやビタミン類不足から「からだの機能」が低下し、冷えやすく(冷え性)なっているという状態だったのです。

 

過去の栄光が懐かしい… ホットヨガでお腹が割れていたときが43kg 😛 でした。

 

渋谷DSクリニックで初回に計測した体重は、『48.9kg』 😥 

 

−5kgじゃなくて、 ー6kg減量じゃん!

 

だから、真剣に取り組むために命名「食べる勇気ダイエット」です。

 

 

1食400Kcalダイエットメニュー

自分は、バランス良い かつ 1食400kcalに食事がなっているか、管理栄養士さんに3食分、チェックいただきました!

 

◎【チェック】バランスが良い食事とは?

  • 炭水化物100g 茶碗1杯(軽く)
  • 主菜 タンパク質
  • 副菜 野菜(追加、OK)

間食で、オレンジ1個分のフルーツや70gくらいのヨーグルトなど、okですよ♪

 

管理栄養士さんとわたしの食事チェック「メール or  LINE」でやりとりします。

① 350kcal

[aside type=”yellow”]

ごはん(100g)・・・170kcal

納豆・・・100kcal きんびら・・・

40kcal トマト・・・10kcal

味噌汁・・・30kcal[/aside]

 

②395kcal

ライ麦パン・・・130kcal

目玉焼き・・・95kcal

サラダ・・・70kcal

いちご・・・10kcal

カフェオレ・・・90kcal 

※ドレッシングによってかなりカロリー変わります。

今回は胡麻ドレッシングで計算しています。

 

③625kcal(425kcal)

まぐろ丼・・・450kcal

枝豆・・・95kcal

野菜ジュース・・・80kcal 

 

管理栄養士さん
 

こちらのまぐろ丼は買ってきたものかと思います。

ごはんの量によりかなりカロリーが変わりますが、今回は少なめで計算しました。

また、カロリーとは関係ありませんが、枝豆は大豆のため主菜のカテゴリーに入ります。

このため、このお食事は野菜が不足な内容となっていました。

 

 

バランスの良い食事とは?

「からだに良さそうだし、カロリー低いから『納豆』と『豆腐』食べちゃうぞ!」

 

ダメダメ
これ、だめーーー!

 

どちらも肉・魚のカテゴリーの『主菜』なのです!

 

そのため、野菜つまり『副菜』と思っていた『枝豆』で『主菜』はオーバーになったのでした。

 

この気付きは大きいですよ!

あなたも、野菜と思って食べている食品のカテゴリー、主菜のタンパク質かもしれませんよ。

 

筋肉を作るのに必要な『タンパク質』です。

 

でも、からだの中で、「もう充分だよ」というサインを無視すると『脂肪』になっちゃいますからね。

 

筋肉トレーニングをしている人は、別ですけど。

渋谷DSクリニックの詳細はコチラ

 

まとめ

いかがでしたか?

 

あなたも、体質改善こそが、本気で痩せたい、リバウンドしない方法なのだと思います。

 

 

「食べることができる!」ということで、今日も、こんな、豪華なお昼たべました!

 

でも、概算のカロリー計算は忘れません!

運動しない分、約65%のご飯とお刺身50%分を友人にあげました(笑)

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です