オルゴナイト体験教室、詳しくはコチラ

オルゴナイトのパワーとは?パワースポットは、どうして誕生したの?

マイナスイオン発生器が簡単に作れるオルゴナイトビギナーコースやってまーす!

こんにちは、ビナッチ(@beauty_nachi)です。

 

そもそも「オルゴナイトのパワーて、なに?」

 

日本のオルゴナイト作家さんには、目に見えない動力をいかに説明するために

カウンセラー

・占い師(占星術師など)

他人の悩みに関する職業 とする方が、オルゴナイトの作り方を教えているケースが多いです。

 

悩みがあって、未来にそれを解消したい!

あなたには、この天然石を使ったオルゴナイトをオススメします。

家においてくださいね。

まともな占い師

 

御守りを持つことで、あなたへのパワーになるわけです。

 

オルゴナイトのパワーは、天然石から得られるものなのだけでしょうか?

 

2つのパワーについて書きました。

 

◆ その作り方をオルゴナイトワークス協会が実施しています!

オルゴナイト体験教室「ピラミッド型の作り方」協会ビギナーワークショップ

 

◆ 「認定講師講座が、あるの?」はい、こちらです^^

【オルゴナイト認定講師】オルゴナイトワークス協会2日間講座の概要

 

 

オルゴナイトとは、なんだっけ?

オルゴナイトとは?

精神医学者ヴィルヘルム・ライヒ氏が発見したとする自然界のある特定の場所に充満しているエネルギーをオルゴン(orgone)と言います。

 

オルゴナイトとは、その自然界にあるオルゴンエネルギーを効率よく吸収し、放出するものです。

 

原理:図にある有機物がネガティブなエネルギーを吸収します。

水晶で発生した「微弱電位」がネガティブエネルギーをポジティブエネルギーに変換させます。図にある無機物に伝わって、ポジティブエネルギーが放出される仕組みです。

オルゴンの原型
  • 鉄くず
  • ナチュラル(木屑、自然界に存在するもの)

 

ライヒ博士の研究を引き継ぎ、大きく変え他のが「樹脂(レジン液)」と「水晶」をです。

 

オルゴナイトの材料
  • 水晶
  • 鉄くず
  • 樹脂(レジン液)

 

オルゴナイトの歴史とは?

ライヒ博士は「エネルギーを集める装置」に”鉄くず”と”ナチュラル(木屑とか自然界に存在するもの)”をミルフィーユにした発明品なの。

ビナッチ

オルゴちゃん

へぇ・・・現代のオルゴナイトと言われるものと違いますね。

「エネルギーを集める装置」から、もっと身近な「パワースポット変換器」に変わったのは、引き続き研究をしてきた人たちによるものなんだよね。

ビナッチ

オルゴちゃん

確かに、水晶とか入ってなかったみたいだし。

 

ライヒ博士の研究

ライヒ博士の研究は、亡命先のノルウェーで「オルゴンエネルギー」を発見したことにより始まります。

その突飛な発想などは受け入れられず、アメリカに渡って、人が入れるような巨大な装置「オルゴンボックス」を簡単に作れる研究を続けます。

さらには「クラウドバスター」なる雲を消したり、作り出す装置など装置まで発明します。

◆ ライヒ博士を慕って作られた楽曲 ◆

「クラウドバスター」装置について歌われています。

 

このライヒ博士の研究を引き継がれ、オーストリアでカール・ハンス・ヴルツ氏金属片を樹脂(レジン液)で固めてネガティブなオルゴンをポジティブなオルゴンへ変換するオルゴジェネレーターを開発し、彼が「オルゴナイト」の名付け親になりました。

 

さらに、クロフト夫妻が、さらに研究を重ね、キャロル・クロフト夫人が樹脂と金属を混ぜ合わせたものに水晶を足し、エネルギーを集め、その力が増幅することを発見したのです。

 

現代では、

 

見た目にも美しく変化! 水晶以外のパワーストーンも入れることで「現代のお守り」になったわけです。

 

オルゴナイト、2つのパワー

現代のオルゴナイトは、チェコのオルゴナイト作家さんたちなどを作品を見ていて、こんな目的別に作ったらいいかもと考えています。

 

私が、勝手ながら目的別に作っているのは2種類です。

 

(1) 環境を整えたい

オルゴナイト講座 作品

一つ目は、電磁波など目には見えない「負(ネガティブ)のエネルギー」には、樹脂50%と金属50%で作るもの

 

オルゴナイトワークス協会でビギナーコースで一緒に作ってます。

 

そこで、オルゴナイトワークショップで使う材料が、これです。

 

①水晶

②さざれ水晶

③銅線

④鉄くず

⑤レジン液

⑥飾りのパーツ

⑦流し込む型(シリコンモールド)

 

(2) 心を守る

オルゴナイト体験

二つ目は、パワーストーンの力です。

ストレスが多い現代社会において、「何かを信じたい!」と心が弱る出来事が誰にでも起こります。

 

古来から「石に秘められた力がある」その関心ある石を選び、オルゴナイトに入れて「現代のお守り」にする作り方ができます。

 

①水晶

②パワーストーン(ターコイズやローズクォーツなど)

③銅線

④鉄くず

⑤レジン液

⑥飾りのパーツ

⑦流し込む型(シリコンモールド)

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

私が教えるオルゴナイトの目的は2つにしています。

 

(1) 環境を整える

(2) 心を守る

 

形自体は、なんでもいいかなって、思ってます。

 

では、では。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

毎日、何かをつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです^^

 

【参考にした書籍】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です