UVレジンアクセサリーの作り方「空枠」を使うよ。マット代用のクリアファイルの裏側は?

 

UVレジン液は、楽しみ方が色々。

今回は「空枠」というモノを使い、ペンダントヘッドを作っていきます。

※ネックレスのチャームにも早変わり( ー`дー´)キリッ

 

こんにちは、ビナッチ(@beauty_nachi)です。

 

”ボタン”アレンジを加え、ゆらゆら揺れる3Dアートに仕上げていきますので、参考にしてくださいね。

 

UVレジンのフレーム、「空枠」とは?

空枠とは、こんなものです。

 

空洞になっているものを「空枠」と言います。

 

「空枠」の種類

数え切れないほど、たくさんの種類が売られています。

 

 

空枠のフレームがあると、ペンダントヘッドやチャームにもなりますし、アクセサリーがたくさん作れますよ。

“”

流石に、イヤリングやピアスには、重たいですw

 

UVレジン 『空枠(蝶)×ボタン×ネイルシール』の作り方

用意するもの(準備)

 

① 空枠(蝶)

② UVレジン液

③ 飾り付けるパーツ

・ボタン

・レース柄のネイルシール

・星

・リボン

④ ラメパウダー

⑤ クリアファイル

⑥ 両面テープ

⑦ 金具

・丸カン

・チェーン

・二重リング

⑧ つまようじ

⑨ ペンチ

 

ゆらゆら揺れるペンダントヘッドの作り方

 

動画でも紹介しています! 使っているパーツや道具もこれを見るとわかりやすいと思います。

 

 

 

UVランプに入る大きさにカッティングした”クリアフィル”に、両面テープを貼ります。

なるべく隙間なく貼るようにしてみましょう。

 

その両面テープの真ん中に”蝶の空枠”をしっかり貼り付けます。

※UVレジン液が流れ出さないように、しっかりと押さえましょう

 

下地作り。厚くならないように、UVレジン液を薄く伸ばします。

 

UVレジン液を端にまで伸びるように、つまようじを使います。

そしてUVランプに入れて硬化させます。

 

下地に、レース柄のネイルシールを、カットします。

今回のデザインは、「星を吊るしたレースを2本」

違う長さを2本カットしましょう。

星のパーツを置いて、UVレジン液を流して、硬化させます。

(ついでに、粒パールも散らしました)

 

(右じゃなくて)左側にリボンパーツをちりばめます。

大胆に、左右違うパーツにした方が、ゴージャスに見せることができます。

 

奇抜なボタンを置いていきます。

空枠の中ではなく、半分外側になるように置きます。

位置が決まったら、硬化させます。

 

ぷっくりなるまで、数滴を全体に伸ばして、約2回、繰り返します。

 

両面テープから剥がすと、テープの跡が残ります。

(でも、大丈夫です!)

裏面にもUVレジン液を流します。

その際に、クリアよりラメなどを使って、アクセントを持たせると綺麗に仕上がります。

 

(もう少しで完成です!)

ボタンと同系色のパーツを選び、チェーンを使ってユラユラ感を強調させます。

 

11

こんな感じで、出来上がりです。

 

素敵に仕上げるポイント

 

・ぷっくり仕上げ → 表面がぷっくり仕上げるように”重ね付け”が大切です。

・パーツを枠の外につけて見る → ボタン以外でもオッケーです!ただし、おお振りのものはやめましょう・・・

 

最後に

いかがでしたか?

 

UVレジン液では、ミール皿や空枠、シリコンモールドなどたくさんの形からアクセサリーを作ることが可能です。

 

今回は、フレームにとらわれない作り方を紹介しました。

レパートリーを増やしていくと楽しいですよ。

 

レジン液と言えば・・・「二液性のレジン液」もありますよ

 

もう一種類の二液性レジン液で「オルゴナイト」を作ってみませんか?

 

 

よかったら、遊びに来てください。

 

では、では。

 

毎日、何かをつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です