顔が老けて見える!?それ、頬のシミが目立ち過ぎ!肝斑?シミ?消す対処法の違いとは?

 

シミ出現、老け顔へ印象が変わる!、ども、びなっち(@beauty_nachi)です。

 

老け顔の悩みを解消したいぞぉー!

総合商社『老け顔ホールディングス』にお任せあれ♪

 

老け顔 = 総合トラブル

 

シミと言っても『そばかす』は、西洋人の可愛い子供にあるイメージ。

 

色白な子供に多いのが特徴ですよね。

 

しかし、老けた印象を与えるシミには、大きく二つあります。

  • 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
  • 肝斑(かんぱん)

 

どちらのシミも30代後半になると、顔に出現し、色味が濃くなって、目立ち始めるのです。

 

びなっち

わたしも”そばかす”だけじゃなくて、シミと肝斑と戦っているぞぉーー!

 

 

出来ちゃった(濃いシミ)は、美白化粧品で消えないかも(泣)

わたしの経験上、目に見えるシミは、”頑固な皮膚の汚れ”なので、美白化粧品でも、なかなか消えません。

 

シミの種類でのケアとその対処法

シミ

最も多くの女性を悩ませる「シミ」とは、「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」と言われるものです。

 

⑴ 原因

とくに、20歳以上になって、紫外線による肌ダメージが少しずつ肌の奥に蓄積され、コップの水があふれるように、シミとなって現れます。

コップの水が溢れ出すのは、40歳前後。「シミが増えた!?」と急激に増えたと感じるのは、溢れ出したからなのです。

 

また、頬骨の高いところからシミが目立ち始める人が多く、数mm〜数cmの大きさです。

最初は、「薄い茶色」なのですが、どんどんと濃くハッキリとしてくるのが特徴。

怖いことに、何年も経つうちに隆起して、まるで「ほくろの拡大版」みたいになる可能性も。

 

 

⑵ 予防するには

何と言っても、「紫外線対策」UVケアが大切。外出時とレジャー時の紫外線量に気をつけて!!

UVケアするなら、オールインワン化粧品がおススメ。

下地とファンデーションが一緒になったBBクリームかCCクリーム♪

 

 

⑶ スキンケア化粧品のケア方法

毎日、鏡とにらめっこするのが大切。

ものすごく「うっすらとしたシミ」には、美白化粧品でケアしましょう!

関連記事はコチラ▼

『え?顔がシミだらけ!?その美白ケア間違ってませんか?』

 

ただし、定着した(濃いシミ)ものには、皮膚の構造自体に変化が及んでいるために、美白化粧品で薄くなるのは至難の業。

濃いシミを消したい場合には、美容皮膚科でレーザー治療ですね。

 

 

肝斑

頬の左右対称に出来るシミ。広範囲に渡る広いシミです。

 

⑴ 原因

生理前や妊娠したり、女性ホルモンの影響から「肝斑」が出来ます。

一番、肝斑が出来やすい年齢は、30代〜40代。ちょうど、ホルモンバランスが崩れやすい年代ですから。

頬骨を中心に左右対称に出来ることが多く、薄い茶色が頬全体にすぅ〜と広がりがある感じ。ポツポツ丸く出来るようなものは、肝斑ではないようです。

 

 

⑵ 予防するには

女性ホルモンのバランスが崩れる原因に気を遣うこと。

  • 十分な睡眠
  • バランスのよい食生活
  • ストレス解消

また、紫外線の影響で、色が濃くなる可能性があるので、その対策が必要です。

 

 

⑶ スキンケア化粧品のケア方法

アルブチンやコウジ酸などの成分配合の美白化粧品が良いとされています。

関連記事はコチラ▼

『どれ選ぶ?シミ対策クリーム、チェックしてる?その美白にはこの成分!』

ターンオーバーを早めるピーリングと併用すると肝斑がより薄くなると言われています。

 

美容皮膚科で肝斑の治療は、レーザー治療などではなく、内服薬が処方されます。

トラネキサム酸」という内服薬を数ヶ月飲み続けます。元は止血剤の治療薬です。1〜2ヶ月間、服用し「薄くなってない!?」と効果が現れない場合には、中断し美容皮膚科に相談しましょう。

 

 

最後に

いかがでしたか?

シミによっても消すためのケア方法が違いますね。

また一言で美白化粧品であっても、成分によっては、アプローチするシミが違いがあります。

 

自分の悩みのシミを理解して、美白化粧品を選び、ケアしていきましょう。

 

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人

びなっち★40代の美容マニアです。日本化粧品検定試験1級・2級合格者。  

自らも実験台になり、正確かつ最新の美容知識を伝えるべく努力をしています!

びなっちブランドの化粧品を作るのが夢♡^_^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です