おせち以外で正月料理は、どうしてますか?楽しい三が日の秘訣10人に聞きました!

 

おせち料理は、なぜあきてしまうのでしょうか・・・ふと、他の人はどうなんだろう・・・

 

気になったので、「あなたの家はどうしてる?」聞いてみました。

 

そしたら、20代前半〜50代後半の女性の10人が回答(ありがたやぁ〜)

 

こんにちは、ビナッチ(@beauty_nachi)です。

 

 

お祝い膳の品数だけで約20種類以上。

手作りしたら確実に「残り物」として翌日か数日後に食べて、日持ちも気にしないといけないですね。

 

 

★ 実は、おせち料理の奥深さに驚きました。日本の心を戻せた(大げさ・・・w)★

おせち料理の日持ちを知りたい!現代版の無駄にしない手作りと通販の使い分け術

 

ズバリ!せめて正月三が日を豪華に。おせち料理以外に何を準備してますか?を聞いてみました。

(ビナッチ美容とテイスト違うんですが・・・気になって)

 

✔︎ おせち料理以外、何を準備していますか?

まずは、おせち料理は、手作り派?購入派??

手作り派

  • おせち料理の仕込みのときに、一緒にミートソースなどの洋風料理を作っておいて冷凍する
  • おせち料理を全てを作ると意識せず、好きな物だけを好きなだけ作るから、あきない。
  • 土地柄。妹のおせち料理は、海鮮の宝石箱のように豪華なもの

 

手作り&購入混合派

  • 最近、ハマっているピザを注文しておく
  • 古典的なおせち以外に、せっかくのお正月なのでお店できちんとしたものを注文して、品数を増やす
  • スーパーでおせち料理コーナーで好きな物だけ選び、ステーキ肉やすき焼き用牛肉を購入

 

購入派

  • 予算内で、2種類のおせち料理を購入
  • 実家の手みやげにフレンチなどの変わったおせち料理を購入
  • 美味しい物なら翌日食べてもあきない

伝統的なおせち料理は、特別であり慣れ親しまない味であることから好き嫌いがはっきり別れるようです。

 

そのため、「おせち料理にあきてしまう」という悩みを持つようですが、人それぞれ「好きな物しか作らない」とか「購入するときにはある程度の金額支払い美味しいもの」というこだわりがあるようですね

 

最後に、おススメのお取り寄せ情報を載せておきます!

 

✔︎ おせち以外、20代〜50代の女性の声

1.30代前半MTさん

我が家でも、毎年おせちは手作りします。

二週間くらい前から計画を初めて、一週間くらい前から仕込みを始めます。年末は材料の値段も上がるので、早めの買い出しがお買い得です。

仕込みの中でも大変なのは、黒豆です。一日水に浸して、二日目は煮込み、三日目で味をつけ、とかなり日数がかかります。

数の子も、早めに作らないと味が染みないので早くからかかります。

こんな風に、段取りや準備がおせち作りの中で、一緒に「冷凍できる洋食」を作るのです。

  • ミートソース
  • 味付けした唐揚げ用鶏肉
  • 小さめのハンバーグ

全部、おせち料理が手作りのおかげなのか、正月三が日と並べても楽しく食べれています。

ですが、食べ終わるおせち料理もあるのと、テーブルの変化のために二日目からは洋食も加えるようにしています。

ミートソースは、パスタやオムライスなど色々な料理に変わるのでたくさん作っておきます♪

 

 

2.50代前半NTさん

5年ぐらい前までは手作りをやめて、年末バタバタするより「年末ぐらい家族とゆっくり過ごしたい」と思ったのでデパートの特選おせちを頼んでいます。

だいたい家族4人で4万ぐらいの予算のおせちにしています。

ここからが我が家の裏技!

初めて注文したときに2万円くらいのもを注文。豪華な見た目で美味しかったのでとても満足しました。

デパートの特選おせちのカタログには数十種類もあり値段ピンキリ。全国有名一流料亭や一流ホテルなどの特色あり、また和洋折衷もあってバラエティです。

 

だから元旦と翌日に食べるための豪華料理として2つ注文することにしたのです。

 

少し贅沢ではあると思いますが、正月に旅行もしないで行った気になって一流料亭の料理が食べられるのであれば、お得かな購入することにしています。

まさに時間の節約。冷凍で31日の午前中に届くので、あとは常温で解凍するだけで、見た目も豪華で美味しいおせちがいただけるので、もう手作りには戻れませんね(笑)

 

 

3.40代前半JMさん

我が家では、お歳暮などで、数の子、昆布巻き、栗きんとん、ハムなど、おせち料理として重箱に並べられる頂き物がたくさんあります。

足りないものはスーパーで調達。あとは、ハマっている通販のピザを購入しておきます。

 

手作りするものは、煮物ぐらいでしょうか。ごぼうににんじん、こんにゃく、八頭、れんこんなどを、圧力鍋でいっきに煮込みます。

これが、数年の正月三が日の料理です。

 

 

4.30代後半KAさん

 

おせち料理は、自分の好きな料理だけ作ることにしています。

本来なら、伝統料理を食べて新年をお祝いした方がいいのですが、それを止めたのです。

ネット通販や百貨店で購入しましたが、おせち料理には食べつけていないものを残す結果に。結局、捨ててしまっているので、数万円するおせち料理なのに、「もったいないなぁ〜」と思ったからです。

 

それに、「おせち料理は難しい!」という思い込みであって、調べると自分で作るのもずいぶん簡単になっていました(笑)

 

おせち料理を全て揃えようと意識しすぎず、自分の好きなものを好きなだけ作ることができ、味付けも自分の好みにすることができるのです。

だから、おせち料理であきてしまうということがありません。

 

 

5.40代前半YSさん

 

わが家は、年末年始に実家を渡り歩くので伝統的なおせち料理は、実家にお任せしています。

そこで、手みやげとしてちょっと変わったおせちを購入し持参しています。翌日の夕食用というのが慣例になっているのです。

 

ちなみに昨年はフレンチ風でした。それが大好評!

 

だいたい、毎年、3万円程度の物を百貨店で予約して、購入しています。

家族も、毎年、「今年はどんなおせち料理を購入しようか」と楽しみにしています。

今後も、おせち料理は購入しようと思っています。

 

 

6.50代後半THさん

私の母は、料理大好き、おもてなし大好きな母だったので、母が生存中は、いつも、母の手作りおせちを食べていました。

母は、材料こそ買っては来るのですが、定番の伊達巻卵、岩石卵を始め、全部手作りでした。

 

これが美味しかったので、翌日でもあきるということはなかったのです。

 

そんな母に料理の手ほどきを受けていなかった私ですから、おせち料理は購入しています。

これが、味にあきてしまうということなのか?

 

最近は、お店を決めていて、予約して30000円で31日に買いに行っています。

いろんなお店で試してみましたが、やはり、家族も良いと言ったお店を近年は使っています。和食で、伝統的なおせち料理ですが、やはり、おいしいのが、一番の決め手になっています。

 

 

 

7.20代後半KSさん

 

私は毎年実家に帰って家族団らんおせちを囲みますが、用意されているのはいつも2種類。祖母と母による手作りの3段おせちと、仕出し屋で注文した3段おせちです。

 

祖母と母は料理が上手なので基本的なおせち料理(昆布〆、八幡巻き、紅白なます、きんとん、かずのこなど)手作りで用意されています。

 

にもかかわらずおせちをもう1つ別に購入する理由としては、「せっかくのお正月なのでお店できちんとしたものを注文する」という特別感がほしいのと、「そこのお店限定で提供されている変わり種がある」から。

 

特に、おせちに飽きないよう洋風・中華風の品が多い店を選びます

 

やはり2日くらいで飽きてしまうのでより品があったほうが良いですし、お店で購入するものは見た目も華やかで、どのおせちを注文したかわからない母以外の家族にとってはどんなものが入っているんだろうというわくわく感もあります。

 

 

8.20代前半TSさん

私の家ではおせち料理は「手作り」しています!

なぜなら、手作りなら自分の好きなものばかりを詰められ、苦手なものは避けることができるからです!

 

過去に一度だけおせちを購入したことがあったのですが、私が食べられないものがいくつか入っていたので少し損をした気になりました。それからは、毎年自分でおせち料理を作るようになりました。

 

また、手作りすることによって手抜き感のない、あきられないおせち料理にもなりますよ。

 

実は、おせち料理を作るにあたっての材料費は2000円ほどです。安くできるので、その分、他の食材を購入し、豪華さをだしています。

 

 

9.30代後半SSさん

 

お正月になるとおせち食べたくなりますね。

でも、わが家は3人家族でお正月といっても特に来客もありません。

普段作り慣れているレシピではないので、やはり何度か手作りに挑戦したこともあるのですが、どうしてもうまくいきません

おせち料理にあきるまえに、美味しくなければ食べたくないでしょし、材料費ももったいないです。

 

年末の買い物は、スーパーのおせち料理コーナーで自分たちの好みのものを購入しています。

 

正月三が日までの充分な量でないことがわかっているので、少し贅沢なステーキやすき焼き用の牛肉を購入し冷凍しておきます。

 

今は、1月2日にはデパートもオープンしているので、新春特別食品などを目当てに出かけています(笑)

 

 

10.30代前半MMさん

我が家のおせち料理は手作りで、妹との対決となります。

毎年、実家で集まるときの恒例行事となりました。

妹は漁師の家に嫁いでいったので、美味しい海の幸が沢山入ったおせち料理を作ってきてくれます。

海老ひとつとってもボタン海老から伊勢海老まで色々な種類の海老が入っているので、農家に嫁いだ私からしてはかなり新鮮味があって眺めているだけでも楽しいのです。

 

また、私達の地元ではなかなか手に入らないウニやイクラなどもふんだんに使ってくれるので、日持ちはあまりしませんが箱を開けた瞬間の宝石箱のようで、おせちとはすでに違う豪華料理なのです。

 

私は山の幸を沢山使い佃煮や伊達巻などオーソドックスなおせち料理を作りますが、それが妹には逆に懐かしく嬉しいようです。

 

おせち料理は、元旦に海鮮おせちで舌鼓し、二日目は、オーソドックスなおせち料理を堪能しているのでした。

 

✔︎ まとめ

いかがでしたか?

皆さん、お正月三が日を美味しい料理で過ごすアレコレを持っていますね。

例えば、わたしの場合、お正月に贅沢なお取り寄せします(お正月以外もだけどね 笑)

あなたも、これはいかがでしょうか?

 

では、では。

最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です