ネイルサロン開業③コンセプト「しっかり考えろ!でなきゃ失敗する」どのレベル?

 

ビナッチ

コンセプト作りが苦手です( ー`дー´)キリッ イヤイヤ・・・こんにちは、ビナッチ(@beauty_nachi)です。

 

ネイルサロンだけではなく事業全般に言えることですが

「コンセプトをしっかり考える」

 

”しっかり”とは、どのレベル感なのか?

初めての店舗経営ではわからないことばかりです。

 

今回は、コンセプトの考え方・決め方についてお伝えします。

 

★サロンの作り方6講座 前の記事「ネイルサロン開業② ネイルサロンの道具、誰が揃えるの?」よかったらどうぞ ★

 

✔︎ サロンコンセプトの例

ネイルサロンコンセプト

大・大・大前提はこれです。

  • お客様のターゲット層を決める
  • オリジナルメニューを考える(強み)

お客様のターゲット層を決める

Whom(誰に) ↓ サロンに来て欲しい対象年齢 例)20代〜40代のOL
Where(どこで) オープンする場所・サロンの内装 例)駅5分以内・グレーと白を貴重にしたちょっと高級感な装飾
How(どのように) ネイルデザイン・時間帯 例)ナチュラル系デザイン・平日11時〜21時・土日10時〜19時
How mach(いくらで) どんなメニュー・価格帯 例)定額制 シンプル・スタンダード・エレガントなど

サロンターゲットが決めらたらスケジュールを計画していきます。

 

MEMO

「私は、この場所でやりたい!」

 

あなたが、先に【Where(どこで)】が決まっている場合には、

「【Who(誰が)】訪れるのか、住んでいるのか?」

をリサーチしてから【Whom(誰に)】を決めていきましょう。

 

オリジナルメニューを考える

How much(いくらで)】を深掘りしていきます。

料金を追加できるメニューを考えていきます。

・ネイルケアとジェルネイルのお得なセット

・ハンドマッサージとジェルネイルのお得なセット

・ブライダルメニュー

・季節デザインメニュー

・イベントデザインメニュー

・アセトンを使わないフィルイン

 

他のネイルサロンが「ちょっと、それをするのは面倒だな・・・」と思うことが新規のお客様が来店、リピーター獲得になります。

 

何か、思い浮かびましたか?

 

ですが、なかなか難しいですよね、ちょっとサロンコンセプトに提案したいことがあります。

 

✔︎ 開業前サロンコンセプトのアドバイス

ネイルサロンコンセプト

ターゲットは40代の女性

小さい子供を持つ20代後半〜30代の女性がネイル離れすると言います。

 

子育てが終了。お金と時間の余裕が少なからずあれば、ネイルサロンへ行く気になります。

 

40代女性をターゲットに成功されているネイルサロンについてご紹介します。

 

東京恵比寿駅のネイルサロン

【料金設定】

料 金: オフ  1本162円(税込) 10本1,620円

ハンドデザイン定額: 6,980円〜8,980円(税込)

指名料:  300円(税込)

1回のネイル料金 9,900円(1,620円+7,980円+300円)

 

【施術の流れ】

1 付け替えのためのオフ

2 お茶の提供:溶液でジェルを溶かしている数分の間に

(爪の長さの確認)

3 ジェルネイル施術

(塗っているデザインの確認、最後に全体の確認)

4 ホットタオルで拭き取る

5 オイルかハンドクリームで手の全体をマッサージ

 

おもてなし感

  1. 冷温、それぞれの飲み物とそのお茶の種類の多さ
  2. 手の全体のマッサージ
  3. 保湿にオイルかハンドクリームか選べる

 

あえて安売りせずに、果敢にも挑戦する。

 

その勇気、あなたにはありますか?

 

✔︎ 開業後、サロンコンセプトに迷いがでたら

ネイルサロンコンセプト

オープンしなければ、わからないこともでてきます。

 

会社員より主婦層がきてくれた

一番安価なデザインコースしか選ばれない!

 

サロンコンセプトを変更は、オープン後3ヶ月が目安です。

それ以降になるとリピーターさんも少しずつ増え始め、ネイルサロンの認知度も上がってきます。

 

認知させることで、コロコロ変えてしまうのは、お客様の信頼をなくすことになります。

 

 

ちょっと思い出してください。

1万円リピーター

 

 

ネイルサロンに通うのは「美意識が高い」と言えます。

 

その「美意識の高さ」を満足させるためのサービス内容が必要となります。

 

  • デザインが豊富、手描きも多数ある、カラーがパステル系である(見やすい)
  • 白を基調とした可愛らしい、オシャレな店内
  • ネイリストの技術が高い
  • ネイリストは20代と若く、それでいて落ち着きがある(30代、40代でもネイリストには落ち着き感が必要)
  • 忙しなくない
  • ソファー席ではないが、お客様との距離感がある(ソファー席にはこだわらない)

 

あなたのネイルサロンのコンセプトを考えるとき、思い出してくださいね。

 

✔︎ 内装やデザインをみる覆面調査!!

コンセプトを決めるためにもお客様となり潜入捜査をしてきました。

  1. 実施日
  2. 入店時間
  3. 初回来店時のセレモニー
  4. 席数・内装
  5. ネイルデザインの選び方
  6. ネイルデザインの傾向
  7. ネイル用の機材
  8. 施術などの説明
  9. 施術中
  10. 料金設定・会計
  11. 出店時間
  12. 滞在時間
  13. 混雑状況
  14. 担当ネイリスト情報
  15. ネイリストとの会話
  16. 他のネイリスト
  17. 感想

 

実際の調査内容

実施日:2014/4/◎◎
入店時間:10:00
(席へ誘導)
初回来店時のセレモニー:

顧客カード(名前/住所/電話/生年月日/知ったきっかけ)へ記入

お茶(冷たい)が出た(ふた付き)

席数・内装:2LDK(6畳)ネイル3席(そのままの席でフット可能。足を乗せる台を用意し施術していた。)

一人用のソファは、120分は腰が疲れる。背もたれを使わないなら、椅子がベスト

テレビを設置していた(壁掛け)

ネイルデザインの選び方:クリアボードにチップを貼っている(7列15くらい、約90くらい。後ろに色番号)

・色見本⇒7列15くらい、約90くらい。後ろに色番号

・デザインは3本(両手で6本)⇒ あとの2本(両手で4本)は、ワンカラー(グラーデーションなど変更も可。料金発生)

・定額毎にクリアボードを作成(iPadでも見せていた(フット))

ネイルデザインの傾向:奇抜なアートもあるが、可愛い系、根元クリアが多い(OLを意識)新しいデザインを制作している感じがしない。
ネイル用の機材:オフは、機材で削る、1本毎にアセトンで落とす。

LEDライト※自動センサーでは対応していなかった

施術などの説明:硬化するときに熱くなります。我慢しないで出してくださいね。
施術中:

オフ6本ドライケア。削りのゴシゴシ感はなかった(カルジェル系のドライケア)その後、スプレーされた(中身は不明)

①クリアベース塗り 2本単位、親指は1本(Can I 製品)

②デザイン(ハートプッチ) 2本(白/ピンク/赤)時間は30分以上。色は2回塗り⇒発色がキレイになる?

③斜めフレンチ(筆は斜めフレンチ用) 6本(ピンク)2回塗り

④ライン書き(ハートプッチの箇所で時間がかかる)

⑤ストーン 4本×3粒 ⇒クリアジェル塗り

⑥トップコート (ハピネス) 2回ランプに入れる

濡れタオルで表面を拭き取る

⑦オイル塗り、終了(5種類の香りから選ぶ。ペンタイプ)

ネイル写真を撮影

 

料金設定・会計:支度が終わったら、玄関先のカウンターで会計(レジスターあり)

初回割引料金あり。

初回価格(4,980円)とリピート価格(6,500円/6,900円)

追加メニューが多く、勧められる。トップコートも紫外線、発色が良いもの300円とあった

メンバーズカードを渡される

出店時間:12:00(ネイル完了11:55)
滞在時間:120分(時間としては長い・・・デザインの問題)
混雑状況:3席は満席(10:00 2名 11:00 1名来店) 二人とも”シンプルデザイン”を好む。終了後一人はフットへ
担当ネイリスト情報:

◎◎さん とても良い感じの人

(OL5年くらいから転身ネイリストへ。建築会社で先輩がネイリストになった。姉が美容師)

ネイリストとの会話:

テレビがあったけれど、基本はおしゃべりで、楽しませてくれた。

 他のネイリスト:他2名 30代
感想:隣りとの席が近いため、会話がうるさく感じる。隣りの店長さんは、ぶっきらぼうで、強い話し方だった。

座り心地の問題化、予告通りの施術時間ではあったが、120分(2時間)は長く感じた。

 

気になるお店があったら、行ってみたらいいと思います!

 

こんなことがわかりました

  • ネイルデザインの特徴
  • ネイルサロンの内装
  • ネイリストの教育
  • ネイルデザインの料金体系 など

 

✔︎ まとめ

いかがでしたか?

 

コンセプトとは、事業を始めるときにもっとも重要だと言えます。

 

“”

そう言われても、考えられるだけ考えた!!

でも・・・失敗

 

結論は、考えられるだけ(アイデアが浮かぶほど)のネイルサロン経営を知らなかったこと。

 

あなたが、ネイルサロンで働いている経験があるのなら、それは開業するのにとても有利です。

 

では、では。

最後まで、ありがとうございました。

 

毎日、何かをつぶやいています。フォローしていただけると嬉しいです^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です